一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
フードリンクのメルマガ購読してます?
ま、購読と言っても無料ですが、業界のニュースや、接客サービスの基本スタンスとかが毎回示されていたりと、なにかと覆面調査にも役立つ内容が多いので、WINの定額に変えた勢いもあって毎回携帯に転送して見ています。

それを見ていると、やはりというか、外食産業も最近右肩下がりとか・・・(^_^;)
言われてみると、ものすごい勢いで増えては消えていた新規店舗出店も、最近はあんまり入れ替わりが無くなってきているような・・・?

それに前までは常に列を作っていて、いつは入れるか予想も付かなかったような人気店が、あっさりと並ばずに入れるようになっていたりと、ちょっとづつですが私の周りでも変化が起きている気がします。

皆さんの周りで気付いた事あります?





FC2ブログのランキングに参加しています。
こちらをクリックして頂けると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓

FC2 Blog Ranking


junちゃんのめざせ☆モニター長者


昨夜のテレビ東京系列の
ワールドビジネスサテライト(WBS)観ました?

企業や業界は最近、
ヒット商品を生むため、従来消費者の「ニーズを探る」ために実施してきた
消費者の動向調査の結果とヒット商品との相関関係は
あまり無いと判断していて
今後の市場調査の手法の一つとして、
消費者のニーズを調査追求するのではなく

「嗜好性を持った一部のグループによって消費者ニーズや
 ウォンツがプロデュースされる」


という時代にシフトしてきている。
というような事を特集していました。

これってまさに市場調査(モニター)の形態が
徐々に変わってきていることを意味していて

従来のような

「大多数の平均的なニーズを測定するような調査方法」

ではなく

一部の嗜好性の高い消費者(マニアック)や、
クリエイティブな発想力のある消費者に
スポットを当てて、創造的なアイデアをぶち当て
て相乗的効果で開発の可能性を探っていくという
手法中心になっていく可能性がある気がします。


例えば、アメリカのマーケティングリサーチ業界などでは
一般化してきている

”スーパーグループ”

と言われるグループがあります。

どういうものかというと、
創造性のあるメンバーを中心に
あるテーマに沿ったアイデア発案座談会のようなものを
調査会社側が企画していくというものなのですが
徐々に外資系の調査会社を中心に、
日本でも広まってきているようです。

すでにこの読者の方の中にも、
そんなスーパーグループのメンバーが居たりして・・・(笑)

ですから近い将来、
いや!もう始まっているかもしれませんが・・(^^)

クリエイティブな発想を持つ一部のモニターさんを
中心とした開発援助部隊が、調査会社内で新商品のアイデアを企画提案。
その結果を、企業が吸収検討して開発し
その商品を一部の嗜好性の高い消費者のターゲット層に
投入し反応をみるというようなものが
流行っていくのではないかな〜
とちょっと感じました((=^♀^=))

時代の変化は急激に押し寄せ、そして去っていく。
なんだかせっかちな世の中になってきていますね〜(^_^;)

なんだか意味不明な文章ですいませんm(_ _)m



FC2ブログのランキングに参加しています。
こちらをクリックして頂けると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓

FC2 Blog Ranking


junちゃんのめざせ☆モニター長者




ちょっとフードリンクのメルマガより拾いものです。
覆面調査に抵抗のある方には参考になるかも・・・


5/16(火)フジテレビ「カスペ」19:00〜21:54
 『「患者力」で命を守れ!サイテー最悪病院にダマされないぞSP』
 にて、フードリンクの病医院向け覆面調査のシーンが放映される予定です。
 是非、ご覧下さい。



見てみましょ〜((=^♀^=))ちなみにこの時間帯は仕事→オフ会の流れ。録画しておこうっと!





FC2ブログのランキングに参加しています。
こちらをクリックして頂けると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓

FC2 Blog Ranking


junちゃんのめざせ☆モニター長者



 当サイトでも紹介しています、ここ数ヶ月メンテナンスやなんやでアクセスできなくなっていた、リサーチ会社のアルシェール。
 NTTドコモが多額の出資金を出している事実上親会社とも言えたアルシェールでしたが、どうも疑惑が浮上してにっちもさっちも行かない状態に陥っているようです。
事の発端は、社長である大野聡子さんの数々の疑惑がネットで取り上げられて一人歩き。大騒ぎに発展したことにあると思います。
事実は本人のみぞ知るでここでは言及しませんが、いずれにしろサイトの方は現在削除されているようです。

当サイトとして把握できている事は、とにかく(株)アルシェール社のリンク先が削除されていることのみで、現在調査中ですが、以下に経過が把握できるサイトを掲載しておきます。

【経過関連サイト】
ドコモ子会社アルシェール社長大野聡子氏・・・・

あくまでこれは私の個人的な考えですが、人も羨む人生に上り詰めたからと言って、過去の所業をあれこれ詮索するのはどんなものかと・・・
それに女性の場合は男性と違って、若いうちに様々な誘惑が多く、ほんの少しの判断の誤りがゴシップとして残り人生の軌道まで狂わせていく事も多いです。
それだけに親としては、しっかりと小さなうちから男女平等社会における「女性特有のリスク」をしっかりと躾とともに教えていくことが重要だと思います。

 あと今現在、事実確認が出来ていない段階ですが、当サイトで紹介をしていました手前、登録された方に関しましては、大変申し訳なく思っています。
 基本的には当サイトでの紹介案件に関しましては、あくまで従来通りの自己責任のもとで自己判断に基づいての登録等行っていただく方針に変わりはありません。
 ただし今後ともこのアルシェールの件に関しましては、追跡調査を継続していきます。

FC2ブログのランキングに参加しています。
こちらをクリックして頂けると嬉しいです(*^_^*)
↓↓↓

FC2 Blog Ranking


junちゃんのめざせ☆モニター長者



20060429_170652.jpg
5月から値上げだそうです。^^;
NIKKEI NET2006年4月13日記事より抜粋


【ビール系出荷、年間トップ「第3が焦点」】

 今年1―3月のビール系飲料(ビール、発泡酒、第3のビール)の出荷量で、キリンビールがアサヒビールを抜き、トップに返り咲いた。2001年から5年連続で首位のアサヒは、割安な価格が人気の「第三のビール」で出遅れた。キリンは通年でのシェアトップを狙ってさらに攻勢をかける構え。市場拡大が続く第3のビールでアサヒが巻き返せるか、首位攻防戦の焦点となる。

 大手5社が12日まとめた1―3月の出荷量(課税ベース)は、9712万5000ケース(1ケースは大瓶20本換算)で、前年同期に比べ8.6%増となった。メーカー別のシェアはキリンの38.4%に対し、アサヒは36.0%。第1四半期(1―3月累計)のシェアでキリンが1位となるのは2000年以来6年ぶり。 (07:00)


【ダンナ評】
長年TOPを守ってきたアサヒもついに落城のビール業界。この勢いで行けば業界の競争加熱は必至、と言うことは会場調査も増えるかも・・・
4月8日07:00 Nikkei Netニュース企業欄より。

【米ワイス、日本での治験大幅増・欧米と並行】

 医薬大手の米ワイスは、日本での医薬品の臨床試験(治験)を大幅に増やし、欧米と並行して進める。日本の臨床試験はコストが高いため、海外の大手製薬各社は欧米で治験を先行してから日本で始めるのが一般的。国内治験を急いで新薬を増やし、日本での売上高を2010年までに倍増させる狙いだ。

 骨粗しょう症薬や抗うつ剤など、がん領域を除くすべての新薬の治験を原則として日米欧の3極で同時期に始める。昨年5品だった治験中の品目を、今年は8―10追加して13―15品目に増やす。治験には臨床試験受託の専門会社を活用し、多数の品目を同時に手掛ける体制をとる。 (07:00)


●jdコメント

日本の治験コストって気付いてはいたけど、やっぱり高かったんですね。すごい金額貰えますもんね。 しかしということはまたまた治験件数が増えるので、募集も増えると言うこと。健康に自信のある人にとっては朗報かも・・・